お葬式で使用する香典袋と名前の書き方について

宗派で異なるお葬式に参列する際の香典袋の書き方

お葬式は、仏式だけではなく、各宗派によって香典袋の書き方などが異なるので、ここでいくつか紹介します。

まず、神道のお葬式に参列する場合ですが、御香典袋の表記には、御玉串料・御神前などと記します。成仏ではないので、御仏前は使用しませんが、御霊前は使用しても問題ありません。これは、故人は亡くなった御霊になり、霊璽に移り神になるという神道の教えから来ています。

キリスト教のお葬式に参列する場合ですが、この場合はお花料と記します。しかし、この場合でも御霊前を使用しても問題はありません。これは、故人が亡くなった後、霊魂は神に召されるという、キリストの教えから来ています。

ただし、それぞれに蓮の花模様の香典袋は使用してはいけません。また、社葬・新興宗教のお葬式に参列する場合には、表記に悩むところですが、仏式の場合は、御香典と記しても問題ありません。それでも疑問に感じる場合には、その責任者などに確認してみることをおすすめします。

このように、お葬式の御香典は、仏式の口語的表現であり、神道・キリスト教では、仏式とは事情は異なりますが、共通の表記をすることができます。しかし、書き方にはそれぞれの宗派でわずかな違いがあるので注意が必要です。