お葬式で使用する香典袋と名前の書き方について

お葬式の香典袋における御霊前と御仏前

仏式の宗派におけるお葬式に参列する場合に、香典袋の書き方に関するマメ知識をいくつか紹介します。

文房具店などで販売している香典袋には、御霊前・御仏前、若しくは御香典と記載されているものが販売されています。御霊前は、故人の御霊の前及び、御霊に金品を備える意味も含まれています。御仏前は、故人が成仏した仏様の前という意味で、そこにお供えする金品です。御香典は、故人へ線香や花の代わりに金品を供えるということです。

その上で、一般的にお通夜・告別式及び、四十九日法要前の法要に参列する場合は、御霊前と記し、四十九日法要以降では、御仏前と記します。仏教においては、四十九日以降になると、成仏して極楽浄土に行くという考えからです。因みに、真宗では、亡くなったらすぐに浄土に還り成仏するという意味から、御霊前は使用しないので、確認しておく必要があります。御香典は、これらの意味を含めての、葬儀の供物に対しての口語的な表現です。そのため、お葬式などの法要の際、御香典と記しても間違いはないでしょう。

御霊前・御香典などには、きちんと意味が含まれています。そのため、自分が書く際も書き方には十分注意し、市販のものを使用する際にも適当に選ぶのではなく、きちんと理解した上で選ぶのがおすすめです。