お葬式で使用する香典袋と名前の書き方について

お葬式の香典袋においての中包の書き方

お葬式の香典袋には中包みもあるので、その書き方について説明します。

中包みには、金額や住所を書く欄がありますが、そのまま記載します。表面には金額を記載する場合が多いですが、金額を書く際の数字の書き方は、漢数字で書くのが一般的です。しかし、横書きで金額記入欄が印刷されているタイプの香典ではアラビア数字を使用しても問題ありません。また、近年は、金額の末尾に也などを記載しなくても大丈夫です。ただし、地域や新興宗教・社葬などによる故人のお葬式の事情によっては異なります。

裏面には、住所と氏名を書きます。四十九日までは薄墨の筆ペンを使用しますが、四十九日以降は濃い墨で記載をします。表面を縦書きで記した場合には、裏面も縦書きで記載してください。住所は、お礼状・お香典返しを郵送する際に必要な場合があります。それらが不必要な方は記載をしなくても良いですが、受付の際にひと声かけることをおすすめします。

香典袋には中包みがあり、金額・住所などを記載する欄があります。葬儀後の香典返しなどもあるので、記載する方が親切です。社葬や宗派によってのお葬式によっては、各種記載の仕方は異なるので、予め事情に詳しい方に確認をとるのがおすすめです。