本文へスキップ

お葬式で使用する香典袋と名前の書き方について

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

お葬式で使用する香典袋と名前の書き方について

お葬式に参列する場合には、香典袋に相応の金額を入れてから相手に渡す流れとなりますが、その香典袋のマメ知識をいくつか紹介します。

表書きですが、御霊前・御仏前など、出席する葬儀の種類・宗派によって書き方が異なります。水引は、弔事として、不幸が二度と起こらないようにという意味合いがあります。そのため、結びきりのほどくことが出来ないタイプを使用します。色は、黒・白タイプと銀一色などがあります。宗派によっては、水引がついていないタイプの香典袋を使用します。お香典を包む紙の名称は、包みです。宗派問わずお葬式に出席するにあたっては、白無地のタイプで問題ありません。因みに、蓮の絵柄がついているものは仏式、白百合の絵柄がついているものは、キリスト教式でも使用することが出来ます。

次に、香典袋の名前の書き方について説明します。名前は、筆ペンなどでフルネームで書きます。水引の下中央に、自分の名前をフルネームで書きます。その際は文具屋やネット通販などで取り扱っている薄黒の黒ペンを使用するのですが、間に合わない場合は普通の筆ペンでも問題ありません。慶弔印を使用しても問題ありませんが、その際は黒スタンプを使用してください。

故人とお仕事上の付き合いの方の参列の場合についての説明です。個人で参列する場合は、自分の名前の右肩上に会社名を記します。それにより、遺族の方にも関係がわかりやすくなります。また、連名で出す場合の、香典袋に名前を記載する場合も決まりがあります。3名までの場合は、右側に目上の人の名前が来るように書きます。そして、中央から順に参列する方の名前を順番に記していきます。4名以上で香典袋に名前を書く場合ですが、会社名などを記載し、○○一同と書くか、代表者の名前のみを中央に書いて、左下に小さく、外一同と書きます。それとは別に、香典袋に便せんなどを使って全員の住所・氏名、入れた金額を書いた紙を入れます。書く順番ですが、目上の人から順番に右側から書いていきます。

お葬式の宗派によっても香典袋や水引の種類もそれぞれ違います。名前を記載するにあたっては、団体で参列する場合は、いくつか書き方があるので、参考にしてください。しかし、形式に大きくこだわるより、遺族の方がお葬式後に確認しやすくしておく方が、相手への気遣いに繋がります。香典袋・筆ペンなど各種使用する道具は、文房具屋もしくは大手スーパーマーケットで概ね揃います。

information新着情報

2018年05月24日
ホームページを更新しました。